睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 不眠症 > 不眠症とは?

不眠症とは?

不眠症の定義とはどのようなものがあるのでしょうか。

日本睡眠学会によると、

1. 夜間なかなか眠りにつけず、寝付くのに普通より2時間以上かかる
2. 寝付いても夜中に目が覚めやすく、2回以上の覚醒がある
3. 朝、普段よりも2時間以上早く目が覚める
4. 朝起きたときにぐっすり眠った感じがしない

そして、
1〜4の訴えがしばしば見られ1ヶ月以上継続すること。不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活、又は 職業的の機能が妨げられること。

以上が不眠症の定義です。

通常、人の睡眠とは外見のの「眠っている」で判断します。

いびきをかく、寝言を言う、呼びかけても返事がないなどです。

これは、不眠症には見えませんね。

でも、不眠症の人の場合、はたからみれば、高いびきをかいて、まるで寝ているように見えたのに、「昨日は一睡もできなかった」と言ったりもします。

つまり、不眠症で悩んでいる人の場合、実際に眠ったのかどうかよりも、主観的に良く眠れたのかどうかが大切なのです。

睡眠時間の長短とかではなく、睡の質が不眠症になるか、不眠症にならないかを左右します。






This website is powered by Movable Type 3.2
.