睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > レム睡眠行動障害 > レム睡眠行動障害とは

レム睡眠行動障害とは

レム睡眠行動障害(REM sleep Behavior Disorder : RBD)

レム睡眠行動障害とは、どのようなものでしょうか。

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があるとお伝えしましたが、「レム睡眠」は眠りの浅い状態です。

このレム睡眠状態では、脳は覚醒状態に近く、眼球は激しく動いているのに対し、身体の筋肉は緩んでいます。

レム睡眠時には活動を休止しているはずの筋肉が覚醒状態となり、夢で見ている行動の通りに体が動いてしまいます。

夢の中の喧嘩のとおり、大声をだしたり、暴れだしたりすることもあります。

周りの人も危険ですし、本人も怪我をする可能性もありますので要注意です。

これが、レム睡眠行動障害(RBD)です。

RBDが疑われる場合は、病院に泊まって睡眠ポリグラフィー(脳波、眼球運動、あごの筋電図を測定)検査を受ける必要があります。

レム睡眠時にあごの筋肉の動きが増加していれば、RBDと診断されます。

専門医の診察をおすすめします。





This website is powered by Movable Type 3.2
.