睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠障害と学力 > 睡眠障害と学力

睡眠障害と学力

睡眠障害と学力

学習効果を上げるために朝食と適正な睡眠時間がよくあげられます。

夜遅くまでゲームやテレビを見ていて、睡眠時間が短くて朝起きれない。

時間がないから朝食を食べない。

学校でも眠くて、授業に集中できない。

学力がアップしない。

と悪循環になってしまいます。

では、適正な睡眠時間って何時間でしょうか。

これは当然個人差によりますが、小学生はやはり8時間〜9時間

中学生でも7時間は取りたいところです。

睡眠障害による睡眠時間の問題とは別に、子供の成長という意味に
おいてもメリハリのある生活は必要だと思います。

夜になると自然に眠くなる。

当たり前の事ですが、まわりの環境もそれに影響することを
忘れてはいけないと思います。





This website is powered by Movable Type 3.2
.