睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠の種類

単相性睡眠

単相性睡眠 昼寝の必要が無くなるのが、大体6歳〜10歳位といわれていますが、これは個人差によるものも大きいです。 昼寝の必要がなくなったのか、世間が昼寝を許さないのか不明ですが、10歳以上になると昼寝をしない、というのが通説になっているようです。 昼寝をせずに、夜に1回まとめて睡眠をとることを、「単相性睡眠」といいます。...
→

多相性睡眠

多相性睡眠 生まれたばかりの赤ちゃんや、1歳までの赤ちゃんは、オッパイとウンチのために、2〜3時間おきに目を覚まします。 夜中のこのサイクルはお母さんの睡眠不足の原因のひとつですね。 でもほとんどの時間を眠ってすごします。 このように、一日に何回も眠ることを「多相性睡眠」といいます。...
→
This website is powered by Movable Type 3.2
.