睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠時間は何時間が適切?

お年寄りが早く目覚めるのは睡眠障害?

高齢者は朝早く目覚める方が多いです。 これって睡眠障害でしょうか? 高齢者は、日中お起きている力を持続することも弱くなるため、早い時間に眠りにつくため、 朝目覚めるのも早くなります。 これは、睡眠障害というよりは、当然のことといえます。 体力的に、日中の運動量も少なくなり、日光を浴びる時間も減っているので、 日中と夜間のメリハリがつきにくくなっているのです。...
→

睡眠障害にならないための、睡眠時間は何時間が適切か?

睡眠障害と睡眠時間の直接の関係は指摘されていないようです。 極端に長い睡眠時間、短い睡眠時間は睡眠障害の可能性が大ですが。。 では、睡眠時間は何時間が適切なのでしょうか。 睡眠は3大欲求の1つといわれるだけあって、本当に気持ちいいですよね。 私も、若い頃(?)には何時間でも寝ていられました。 しかし今は、、、AM6時30分には勝手に目がさめます。              もう少し、時間があるのに...
→

寝だめ(睡眠時間の蓄積)は睡眠障害に有効か?

睡眠時間の蓄積、いわゆる「寝だめ」は可能でしょうか。 睡眠障害の予防になるのでしょうか? 結論から言えば、寝だめ・食いだめはできません。 疲労が重なり、休養をとるために睡眠時間を多くとることは、私もよくやりますし 必要なことです。 でも、休みのたびに「今日は休日なので昼間で寝ていよう!」 と10時間以上も寝てしまうと、体内時計がその睡眠時間を覚えこみ、週明けに適時な 睡眠をとっても「まだ、眠い」と...
→

分離睡眠と睡眠障害

分離睡眠と睡眠障害 まとめて、十分な睡眠時間を取れない場合、分割して睡眠をとることは有効でしょうか。 有効という点では、そうかもしれませんが、イコールとは言えません。 が、午前1時〜5時の間に4時間の睡眠を規則的にとっていれば、残りの4時間をどの時間帯でとってもよい、との報告もあがっているようです。 深夜4時間の睡眠と言うのも、ツライですよね。 睡眠障害になりかねません。。 でも、昼間に4時間も眠...
→

睡眠時間はどこまで短縮できるのか?

睡眠時間はどこまで短縮できるのか? 睡眠時間はいったいどこまで短縮できるのでしょうか。 1日や2日、睡眠を足らなくたって平気だ!と言う人もいるでしょう。 でも、何日も不眠は続きません。 ナポレオンの睡眠時間は3時間、という言い伝えもありますが、結局は昼寝をよくしていた、というオチがあるようです。 いろいろと調べてみましたが、一般的に短縮できる限界は6時間が妥当なようです。...
→

ナポレオンの睡眠時間は3時間!?

かの有名なナポレオンです。 ナポレオンについての細かなことは、ここでは省略しますが、 彼の「睡眠時間が3時間」というのは、有名な話です。 もし、3時間の睡眠でOKであれば、活動可能時間がかなり増えますね。 好きなことに使える時間も大幅に増えます。 が、たぶん私がやると日中眠くて仕方がないと思います。 そう言えば、ナポレオンはよく昼寝をしていたそうです。。...
→
This website is powered by Movable Type 3.2
.