睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠障害と朝食

睡眠と朝食とブドウ糖

睡眠障害にならないために、朝食は必要です。 なぜなら、脳はブドウ糖を大量に必要とする器官です。 成人の脳は1日100グラム以上消費し、全エネルギーの30%にあたるそうです。 朝、目覚めて身体を動かし体温が上がると、どんどんエネルギーは消費されます。 朝食を抜いて仕事や学校に行くと、エネルギー(ブドウ糖)が不足してしまい、身体はだるく、頭はぼんやり、という状態になってしまいます。 これを、睡眠不足や...
→

睡眠障害と朝食

睡眠障害と朝食には、関係があるのでしょうか? 朝、目覚めた後に、身体が活動し、脳が活性化するためぬは、相当のエネルギーが必要です。 眠っていた間、当然食事もしていないので、エネルギーの蓄えは、ほとんどなくなっています。 ですので、朝食はエネルギー補給のためにも必要なのです。 身体に、「起きたぞ!」と伝える、重要な行いです。...
→
This website is powered by Movable Type 3.2
.