睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠と明るさ・光

昼間の光の影響

生活リズムへの影響という観点から考えると、朝日よりも影響は少ないです。 ただ、気分や活動性に与える影響は大変大きいです。 日照時間の少ない国々に住む人は、それが原因でうつ病になるケースもあるようです。 日中に、太陽光を浴びることは、いい気分になって感情を穏やかに保つだけでなく、夜眠る準備を 整えるために有効です。 明るい部屋で仕事をしているから大丈夫!っていうあなた。 蛍光灯のルクスは思ったより低...
→

日中の日光浴も大切!

-日中の日光浴も大切!- 睡眠時には、色々なホルモンが分泌されます。 その中でもメラトニンは、抗酸化作用や免疫機能を高めるとともに、実は眠りを誘うホルモンとも呼ばれ、睡眠を促す働きがあるといわれています。 メラトニンは、日光を浴びると体内での生成が高まり、暗くなると、その分泌が促進するという性質があるります。 とくに、朝よりも午後の太陽の光を浴びると、夜にメラトニン分泌が上昇し、快適な睡眠へと導い...
→

朝日を浴びて体内時計をリセットしよう!

−朝日で目覚め、体内時計をリセットしよう!− 睡眠のリズムをきめている体内時計は,光による影響を受けやすいのです。 ですので、快適な睡眠のリズムは、太陽の動きに合わせて体内時計を調整することから生まれます。 まず、朝起きたら、太陽の光を浴びるようにしましょう。 カーテンを全開にして部屋の中に朝日を取り込みましょう。 そうすることによって、交感神経の活動を活発にし、脳を覚醒方向に引き上げるます。 ま...
→

夜は部屋を暗くして

-夜は部屋を暗くして- 日中、太陽の光を浴びてく体内時計を整えても、夜間、強い光を浴びてしまうと、 体内時計も後退し、メラトニンの分泌が抑制され、、眠りにくくなってしまいます。 ですから、夜は、意識して暗い環境をつくることが大切。 暗いといっても、極端に暗すぎるのではなく、リラックスできる照明で過ごす のがよいでしょう。 間接照明を取り入れるのもオススメです。...
→
This website is powered by Movable Type 3.2
.