睡眠障害からの脱出!睡眠障害のお悩み解決! > 睡眠と寝室

寝室の明るさ 

寝室の明るさ睡眠のリズムをきめている体内時計は,光による影響を受けやすいのです。 寝室の明るさの理想とされている数値は30ルクス以下です。 これは、少し暗く何かが見える程度の明るさです。 光源が直接目に入ると眠りが妨げられるので、フロアランプやスタンドランプなどの間接照明で明るさを調節するのがいいでしょう。 真っ暗にして眠る人もいますが、これは逆に不安感が大きくなります。またトイレに起きた時に物にぶつかったりしますので、オススメできません。
→

寝室の色使い

寝室の色使い これは、趣味との兼ね合いもありますので「これでなければ」というものはありません。 自分がリラックスできる色彩が一番だと思います。 ただ、あまりにも奇抜な色は、神経を高ぶらせるのでどうかと思いますが。 やはり、落ち着いたベージュやブラウンなどがオススメです。 家具やカーテンなどの色彩もかね合わせて考えてみてはいかがでしょうか。 特にカーテンは、光の取り入れにも影響します。
→

寝室の広さ

- 寝室の広さ - やっぱり、寝室は狭いよりも広いほうが圧迫感が少ないため快適に眠れます。 住宅事情にもあるでしょうが、布団の場合は、一人なら4.5畳〜6畳、ふたりなら8畳、 ベッドの場合はシングルなら6畳、ツインなら10畳ぐらいのスペースはほしいところです。 また、背の高い家具は圧迫感をもたらします。地震などによって就寝中に倒れてくることも 考え合せると、できれば寝室に置くのは避けたほうがいいで...
→
This website is powered by Movable Type 3.2
.